2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 我が家の出来事 | トップページ | 親子の宝物 »

2008年8月17日 (日)

野球バカの鏡

ユマとのシャトルティーも順調で
何とかバッティングの形になって来ました
このまま行けば何とかチームに入っても
決して見劣りはしない
父は確かな手ごたえを感じるようになってきました

そして 一方のキャッチボールですが 
以前よりも距離も長くなり この頃になると
大体10メートルぐらいの距離で
行なえるようになって来ました

しかーし 最初が肝心とばかりに
父は 足の上げ方、そして軸足のタメ 
さらには ステップ幅 腕のテイクバック
肘先行のスローイング などなど・・・・
こと細かく指示しながら
キャッチボールをさせていました

当然のように ユマの頭は パニックに・・・
今 考えるとかわいそうなことだったと
父も反省するところですが
当時の父には そんな余裕なんかありませんでした
変なクセなんかついてしまったら
直すのは容易ではない
何とか理想のフォームで投げて欲しい
当時の父は そんな願望のかたまり以外の何者でもありませんでした

そして当然のように10メートルという距離は投げれても
コントロールは無茶苦茶です
それでも父はコントロールよりも
投球フォームにこだわり
暴投に対しては気にするなよと指導していました

車もほとんど通らないこともあり
キャッチボールを行なう場所は
自宅前の道路です
一旦暴投しようもんなら
遥か彼方へボールが転がっていきます
取りに行くのは非常に大変です
しかも 持っているボールが2個ということもあり
5球ほど投げたら確実に2球は暴投・・・
これでは効率が悪く時間ばかりかかってしまいます
そこで父は考えました 
何か父の後ろに壁になるもはないのか・・・
最初はガーデニングのラティスフェンスを
後ろに置いて試してみました
しかし 即効で破壊・・・
木製ということもあり ぜんぜん役に立ちません
おまけに カミサンからは大目玉(>_<)  

これでは いやおうなしに別の手段を考えなければなりませんでした
当初は近くの空き地を探して見ました
しかし見つけた空き地は立ち入り禁止のロープが張られ使えません
その他の空間といったら 田んぼと畑だらけ
田舎と言えども 意外にボールを使える場所はありませんでした
こんな状況ですので
別の壁を探すしか手立てはありませんでした
父は家の周りをぐるぐる見てまわりました

しかし なかなか見つかりません
まさか家の外壁を壁には出来ないし
父は途方に暮れていました
そんな時 
父の目にある物の姿が飛込んで来てしまいました
しかしながら いくらなんでも それは止めた方が
いや これはかなり使える
父の中で お互いに自分の意見を譲らない
2人の自分がいました
しかーし とんでもない野球バカの父は
ついに パンドラの箱のふたを 開けるかのように
見つけた壁を使うことにしてしまったのでした
自分の中で覚悟を決めて
改めて その壁を見つめてみると
絶好の壁です
もう これしか考えられない程の・・・  
これなら破壊されることも無い絶好の壁・・・
さすがにカミサンからは反対されましたが
もう これしか手段は残っていません
父は これでやるんだと決心したのでした 

そして 再びキャッチボールが始まりました
1球 2球 その後・・・
やはり来ました お約束の暴投・・・
まもなく 父の後ろから 『バーン』と言う音が聞こえてきました
壁に当たった音です
しかし ボールはその場に止まっています
決してコロコロ転がっては行きません
父の作戦が成功した瞬間でした
その後も『バーン』のオンバレードです
しかしなんと心が痛む音なのでしょうか
それでも 父はお構いなく続けますが
何度聞いても 心が痛む・・・
何故に そんなに心が痛むのか・・・

当たり前過ぎでした

       当然過ぎでした

とんでもない野球バカの父

なんと 

      なんと 

          なんと

 

  壁にしていたのは自分の愛車だったのでした

« 我が家の出来事 | トップページ | 親子の宝物 »

野球」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
「仙商とボクと、時々、オリックス」の
チャッピーです。

blog拝見させていただきましたが
文体が非常に面白く
抱腹絶倒ものでした(笑
久しぶりに、面白い場所に辿り着いた気分です。
思わず、最初から全部読みました。

しかし、内容はいたって奥が深いというか
笑いでは済まない
真剣さが伝わってきますね。
私にはまだ子どもはいませんが
恐らく、男の子が生まれたら
野球バカ親父と化し、全く同じようなことを
してしまうと思います。
早く、子どもが欲しくなりました。


まずは、ユマ君が高校生になったら
仙商への入学を期待しています。

貧打のチームですが
救済してやってください。


失礼しました。
また、今後ともよろしくお願いします。

そうそうhappy01

始めて・・この記事を読んだ時・・・coldsweats01
なんて・・・野球バカなんだ・・・って・・・sweat01


で・・・しかも・・・その車が・・・まだ現役happy02

何度・・読んでもheart04

チャッピーさん こんちは
ブログよんでいただいてありがとうございます

4年程前のブログですが当時は
かなり真剣に悩みながら手探りで
頑張ったものでした
そんなブログですがお褒め頂ありがとうございます
実は 私の父も仙商でした
野球部ではなかったのですが
大の野球好きで私が子供のころから
いろいろ教えていただいた思い出が
今でも心に残っています 
そして 何故か我が家の愛犬もチャッピー^^;
それと今は亡き小窪さんも
ちょっとした知り合いでした^^

何かと縁がありますね
これからも宜しくお願いします^^/

ママこんちは
こんなバカなこともありましたね
当時が懐かしいですよ
本当はあまりの野球バカすぎのため
ブログにしようか迷ったのですが
そこは野球○○ですので
自慢のように書かせていただきました
こんなこと自慢だなんて
私ぐらいですよね^^;
これからも宜しくお願いです

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435943/22381910

この記事へのトラックバック一覧です: 野球バカの鏡:

« 我が家の出来事 | トップページ | 親子の宝物 »