2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 少年野球の魅力 | トップページ | 野球バカの鏡 »

2008年8月15日 (金)

我が家の出来事

我が家の出来事1

今回は去年 我が家で起きたちょっとした出来事の
話をさせていただきたいと思います
野球とはあまり関係の無い
いや 全然関係のない話で申し訳ありませんが
お付合い下さいm(_ _;)m

その出来事の始まりは 去年の春先でした
ユマが自宅の庭で一人で遊んでいた時のこと
見たことも無い小さい植物の芽を発見しました
しかし 何の植物の芽なのかわからず
父のところに聞きにやって来ました
ユマ「お父さん 何か変な植物の芽を見つけたんだけど なんだろう?」
そこで私も見に行きました
しかし 私が見ても すぐにはわかりません
ただ 明らかに周りの雑草とは 違うことだけはわかりましたが
まだ小さいと言うこともあり すぐにはわかりませんでした
そこで しばらく様子を見ることにしました

そして 何日が過ぎたころ 私はすっかり忘れていたのですが
ユマが庭から私のところにやって来て 私にこう言いました
ユマ「お父さん あの【謎の植物】ツルみたいになって来たよ」
それを聞いた私も急いで【謎の植物】を確認しに庭へ行ってみました
そうすると確かに【謎の植物】がツル状に横へ伸びていました

それを見た時 

 私は 「もしや あれでは・・・」

私は なんとなく 【謎の植物】は

3つの候補のどれかに違いないとわかりました
そこで 子供達に教えてあげました

父「その【謎の植物】は」

    父「かぼちゃ か」

         父「スイカ か」
 
            父「メロン の どれかだよ」

それを聞いた子供達 二人とも 声をそろえて

『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』
『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』
『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』
『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』

カエルのような大合唱を始めました

しかし まだ3つのどれかぐらいしかわからないというのに・・・
私は 期待させてしまったことに 少し後悔していましたが
そんな私の心配をよそに 子供達の頭の中では 
『メロン』以外の物体は消去されているようでした
私もメロンだと子供達が喜ぶので 
是非メロンであってほしいと思いましたが
家族で 食べることを考えれば 
私の本命は『スイカ』でした^^;
ちなみに カミサンにも聞いてみました
そしたら 後でガッカリすることがないように
かぼちゃでいいよ とのことでした
そこは さすが主婦 建設的な思考です

しかーーし 子供達はそうはいきません
もう ここまで来ると 何が何でも 『メロン』 です
『メロン』でなければならないのです
たとえ それが かぼちゃ であっても 『メロン』
そして スイカ であっても 『メロン』
実に 自分勝手な思考ではありましたが
なんとなく理解はできました

そして つき日が流れ 【謎の植物】も ずんずんと成長していきました
子供達も 【謎の植物】の周りだけ^^; 丁寧に雑草を抜いています
それに加え 肥料をやったりと 物凄ずきの 手入れ です
これでは きっと 【謎の植物】には 
そうとうプレッシャーが掛かっていると思いますが
『メロン』に成長することだけを祈るばかりです
もしかしたら 【謎の植物】も おいらは 「かぼちゃ?」なんて 考えるだけでも
そら恐ろしいと思っているに違いありません

そして そんな日が流れて行き 
やがて 花が咲き 
いよいよ 実をつける時が 来るのでした

我が家の出来事2

いよいよ【謎の植物】に
実をつける時がやって来ました
これで もうすぐ【謎の植物】騒動に終止符が打たれる
私も少しずつ 緊張感が日増しに 強くなって行くのを感じていました
大人の私ですら そうなのですから
子供達はもう大変です
毎日 毎日 われ先にと朝早くから 観察の連続です
あの早起きが苦手なお姉ちゃんまで・・・
しかも『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』・・・
の号令のもと
はっきり言ってご近所迷惑^^;
しかし そんな日も 
もうすぐ終わりを告げる時が来るのです
そして現実が明らかに・・・
私は 心のどこかで いっそ このまま 夢のまま
終わることは出来ないものかと 思うところもありました
しかし 現実的に 時は確実に刻んで行きます 
そんな私の願いを よそに  

ついに

   ついに   

      ついに

【謎の植物】は実を付けたのでした

その日 朝
子供達の何とも例えようの無い 雄たけびを聞いた私は
早速 【謎の植物】を見に行きました
付いていました
約3センチほどの黄緑色のまん丸の実でした
まだ模様はありません
それを見た私・・・
父「まん丸」
父「表面もツルツル」
父「これで かぼちゃが消えた」
私の正直な感想でした
これで『メロン』か「スイカ」
私や子供達にとって最高の出だしです
早速 子供達にも そのように説明しました
子供達も大喜びです
そして お約束の

『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』
『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』
『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』
『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』『メロン』

始まりました カエルの合唱^^;
この頃になると もうそれは1つの儀式になっていました
しかし まだ安心はできません
これからが大事です
  念願のメロンなのか
       はたまた スイカなのか
         そして 望まれない かぼちゃの復活はあるのか

私も 毎日その変化を ちょっとした変化も
注意深く見ていかなくてはなりません
より慎重に より正確にです
そして ちょっと大げさかもしれませんが
その責任は大変重いものだと 痛感していました

我が家の出来事3

ついに実をつけた【謎の植物】
実の大きさが3センチ
これでは まだ 何者なのか 判断がつきません
しかし まん丸で表面がツルツル
この時点では かぼちゃは消えています
これで いよいよ 『メロン』と「スイカ」のマッチレース
子供達の声援も日増しにヒートアップしています
そして その後も順調に成長して行き
いよいよ直径5センチ程に
しかし その姿に変化はありません
黄緑色で表面がツルツル
残念ながら表面に網目模様がありません
もしも『メロン』であるならば誰もが夢見るマスクメロン様
しかし これでマスクメロン様も絶望か
仕方ありません
この際 メロンであるならば もう何でも・・・
それがたとえプリンス君でも・・・
(プリンス君ごめんなさい)
そして その後も更に成長して行き
ついに
          ついに
表面に変化が現れてきました
しかし まだ かすかな模様ではありますが
どこかで見たことのある模様(いやな予感です)
ある食べ物にそっくりな模様(いやな予感です)
衝撃的な見たくも無い その模様とは・・・
何と縦ジマの模様でした
(*注意 決して阪神タイガース模様ではありません)
父「これは・・・まさか・・・」
私は この変化でなんとなく【謎の植物】の正体が読めてきました
子供達には非常に申訳のない その正体
それは 
     それは
          それは

 父の本命の スイカ君でありました
これで第一希望のメロン様は無くなってしまいました
このことは さすがに 子供達には話せません
今だにメロン様と信じきっている子供達には・・・
しかしながら それでも第二希望
これで家族みんなで食べることができる
そう割り切るしかありませんでした
そして 更に成長して行き このまま順調に大きくなっていけば
と 思っていた矢先 いや油断かましていたある日のことでした
まん丸だった スイカ いや【謎の植物】に
少しずつ別の変化が現れてきました
何と形が まん丸だったのに 頭の方が盛り上がって来たのです
それは 私も まったく予想だにしなかった変化です
何故 今ここで変化をするのか する必要があるのか
そのまま大きくなるだけで いいと言うのに
私は頭の中が混乱していました
そんな混乱をよそに ますます頭が盛り上がっていきます
模様は完全にスイカなのに・・・
何故そのような成長をするのか してしまうのか
私も訳が分からなくなっていました
さすがに この頃になって来ると子供達も
メロン様では無いことに気がついてか
メロンの連呼はしなくなっていました
しかし がっかりした様子も無く
逆に ちびまる子ちゃんの 永沢君と名づけて
喜んでいました

我が家に 突然起きた【謎の植物】騒動
結果はどうであれ 植物を大切に育てるという
心を【謎の植物】から教えていただきました
そして この次は 【謎の植物】ではなく
本当のメロン様を この春から育てて見たいと思います
皆様お待ちかねの【謎の植物】
とにかくご覧下さい
下記の画像が【永沢君】です^^;

Photo

*私が永沢君こと「謎の植物」の飾りかぼちゃです
食用には不適切だと言われています
この度はみなさまには大変お騒がせいたしまして
申し訳ございませんでした
これに懲りずこのブログを
これからも宜しくお願いします

しかし なぜ 突然 我が家の庭に 生えてしまったのかは
今なお原因は不明です
こんなたわいも無い騒動ブログにお付合いいただきまして

ありがとうございました

« 少年野球の魅力 | トップページ | 野球バカの鏡 »

野球」カテゴリの記事

コメント

永沢君、下半分を見ればスイカにも見えますね、子供達の大合唱楽しそうですウチも何か育ててみようかな^^

りゅう父さん こんちは
何かを育てるって楽しいですよ
それも食べられるものなら特にね^^;
今年は 畑で珍しい赤い色のジャガイモを
育ててます
収穫が楽しみです^^/

あーーーー


やっぱり〜嫌いなカボチャを送れば良かったぁ(笑)

よく〜これ…引っ張ったよね(^_^;)


赤いジャガイモ楽しみヾ(^▽^)ノ

待ってるね

どれぐらい収穫できるか分かりませんが
収穫できましたら送りますね
でも おフランスの芋だから
田舎で育つかどうかだね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435943/22367330

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の出来事:

« 少年野球の魅力 | トップページ | 野球バカの鏡 »