2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

最近のトラックバック

« 体力が^^; | トップページ | 少年野球の魅力 »

2008年8月12日 (火)

驚きの言葉

ユマが車中で父に言った 驚きの言葉
耳を疑いたくなる程の・・・

それは

 ユマ「僕 英語習おうかな」でした --;

このブログを読んでいただいている皆さんは
なんだそりゃ どこが驚きなんだよ 
どこが耳を疑いたくなるんだよ
と 思っている方も多いと思います 
いや すべての方がそう思っているに違いありません
間違いないです

私が もし 読者なら あれだけ引っ張っておいて これかよ
どこが驚きなんだ そんな言葉 その辺にコロコロ転がっている話だよ
そう思います 絶対に・・・
 
しかし
この後 続いて発せられた ユマの言葉を 聞いていただければ
みなさんも耳を疑いたくなると思います
いや なるはずです 

では 続きです
ユマ「お父さん メジャーは英語が出来ないと行けないんだよね」
父 「・・・」
ユマ「お父さん だから英語を習いたい」

父は驚きました 

そして耳も疑いたくなりました
ユマは完全に うぬぼれあがってます
もう かなりの お登りさん
余りにも 登るのが 速すぎです
もしかしたら 木登りさせたら 猿より 速い・・・ 間違いありません

しかし シャトルティーで 5ホーマーごときで
ここまで 登れるものだと 呆れるほど・・・
ある意味 幸せな奴かも 知れません いや絶対にそうです
そうとしか 考えられません

そういえば 思い出しました 
前日に行ったバッティングセンターでの出来事
センターの掃除のおばちゃんにユマが話しかけられました
おばちゃん「ねぇ 僕 大きくなったら プロ野球選手になりたいの?」
そんな問いかけに ユマがなんと
ユマ「違うよ メジャーだよ」

父・・;

父は恥ずかしくなり 即効でトイレに非難しました

その時はユマが冗談で言っていたものだと思っていましたが
どうやら本気でメジャーを狙っていることが分かりました

しかし 私とて ブログのタイトル通り
「少年野球からメジャーを目指す」
決して冗談で始めた訳ではありません
しかし こんなにも早く軽々しく「メジャー」
あまりにも早すぎではないでしょうか

そして
この時 父は あることに気づくのでした
「少年野球からメジャーを目指す」
ユマはこの時 「少年野球すら始めていないことに・・・

« 体力が^^; | トップページ | 少年野球の魅力 »

野球」カテゴリの記事

コメント

昔は将来の夢はプロ野球選手というのが圧倒的でしたがウチのチームの子達にはプロとかメジャーとかって言う子が居ないんです。
子供達にはユマ君みたいにでっかい夢を持ってもらいたいんですが…

りゅう父さん こんちは
それはさびしいですよね
夢だけはいつまでも
持っていてほしいです
でも りゅうくんはメジャーかプロ
ですよね^^
頑張りましょうね^^

そうそう^^heart04

これに・・・対して・・・ママは・・・確か・・・^^;up

健人に、もし・・・メジャーリーガーになって・・・英語が話せないと・・・いけないんだよ・・・言ったら


健人は・・・通訳を雇うからdollar・・・俺は・・野球baseballに専念する・・・って・・・言われたんだよ^^

って・・・コメントをしたはず^^


なんか・・・懐かしいよね^^


今でも・・・英語は・・・3から・・・やっと・・・4ですーー;
wobbly

健人・・・これ以上は無理!!crying

やっぱり・・通訳・・・って・・・この前の期末テストの回答用紙を出しながら・・・言ったたけど^^;


そうでしたね
今でもはっきり覚えていますよ
それに対して
うちはどこまで貧乏性なの みたいな事
言ったのを覚えていますよ

今となればユマのおねえちゃんに
通訳になってもらおうかなー
なんて 未だにバカな夢を見ているよ^^;

そっか^^

おねえちゃん^^


どうsign02健人の通訳heart01

えっ・・・
考えさせてください^^;

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/435943/22308951

この記事へのトラックバック一覧です: 驚きの言葉:

» 私書箱 [激安!池袋の私書箱新規オープンです]
池袋の私書箱の紹介です [続きを読む]

« 体力が^^; | トップページ | 少年野球の魅力 »